共感して気持ちを察するコミュニケーション能力こそ女性が提供できる価値です

女性にしか出来ない仕事や考えを活かす

女性にしか出来ない仕事、考えを活かす仕事が無いか考えてみます。
単純に文字通りに考えれば、助産師巫女などが職業として挙げられます。

 

その職業を目指している人は何も問題ありませんが
そうではない人は何を持って女性らしさを活かすのか迷うかもしれません。
男性が苦手で女性が得意なことは何かを探れば答えが見つかるでしょう。

 

それは相手の気持ちに共感するという部分です。

 

チームワーク

男性は競争意識が強く、相手に共感して寄り添うのではなく相手よりも高い結果を出して追い抜かれたら負けまいと奮起するようです。

 

しかし、女性の場合は競争するのではなく相手に共感し
チームワークを大切に行動する傾向にあります。
人と仲良くなり、人の褒め方も上手とされています。

 

強いリーダーシップで時には強引な決定もある男性に比べて
女性は全員の意見を尊重した上で堅実な道を選べるでしょう。

 

つまり女性が管理職に就くと非常に堅実で安定した業務を行えると言うことです。
事業を軌道に乗せる重要な場面ではチーム全体が一丸となって仕事に取り組む必要があります。
そんな時に力を発揮するのが女性なのです。

 

つらい状況の時、男性は気合や根性の精神論で鼓舞しますが
女性は何がつらいのかを感じ取り共感して癒すことができます。

 

精神論でも一時的には効果がありますが長期的に見ればいつかは崩れてしまいます。
安定した長期的な業務を遂行するには女性管理職の方が優れているのです。

 

コミュニケーション能力の高さこそ女性の武器です。

逆にコミュニケーションが苦手だとしたら、バリバリ仕事をこなすためにも積極的に人と関わるようにしましょう。

 

自慢や人を見下した行為、話しかけにくい空気を作るのは絶対にダメです。

 

部下との距離を縮めておかなければコミュニケーションは活性化せず結果的に仕事の効率を落とします。コミュニケーションで味方を増やし、細かい気配りで部下のケアを行いチームワークが成功のカギになっている業務こそ女性が必要とされている仕事でしょう。