在宅勤務は出世にマイナスなり変則シフトを活用する方が仕事の評価が高くなります

在宅勤務や変則シフト

出世し仕事をバリバリ行うキャリアウーマンにとって
在宅勤務変則シフトはどのような影響があるか考えてみます。

 

出産の準備や育児により会社に居られる時間が少なくなることは往々にしてよくあります。
この時使うのが在宅勤務や変則シフトです。

 

まず在宅勤務です

末端の雑務であれば在宅でも問題ありませんが管理職などであれば厳しい評価を受けるでしょう。スケジュールや予算、部下の業務を管理する立場の人が職場にいなくては話になりません。
スカイプやチャットでの管理も可能かもしれませんがやはり限界があるでしょう。

 

そのため管理職であれば別の人へ一時的に後任を頼む必要があります。

一ヶ月程度の短い期間であれば復帰した際に管理職のポジションへ戻れるかもしれませんが半年、1年と言った長い期間であれば復帰後にすぐ管理職へなれるかは分かりません。
引き継ぎもありますし仕事の勘を取り戻す時間も出てきます。
在宅勤務は家庭に居ながら作業できるメリットがありますが、その分仕事でのデメリットは大きいのです。

 

 

では変則シフトはどうでしょうか。

例えば朝8時から勤務開始の会社で、朝7時から業務を行い定時よりも1時間早く帰るパターンです。これなら会社の業務をこなしつつ保育園の迎えの時間に合わせる生活も出来そうです。

 

他にも8時間勤務のところを6時間に変更してもらうパターンもあります。
どちらも会社にその制度が無くてはいけませんが最近では女性へ配慮した制度を導入する会社が増えてきています。もし会社に制度が無ければ提案してみるのも良いでしょう。

 

 

キャリアウーマンとして仕事と家庭を両立させるなら在宅勤務よりも変則シフトで負担を減らすのが得策と言えます。

 

ただ、時間を調整すると少なからず周囲の人へ仕事の負担が増えます。
変則シフトで勤務するのが当たり前だとは思わず仕事を負担してくれている人達に感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。
周りを味方につけることも大切です。
感謝の気持ちを忘れてしまったらそれは出世や管理職から外れる始まりとなるのです。