手に職をつけた職業は、産休や育休を取得した後も復職がしやすいと言えます。

仕事復帰をしやすい職種

女性にとって「子供を産んだ後、子育てもしつつ仕事にも復帰したい」という願望を持つ事は当然だと思います。

 

しかし「女性も輝ける社会を作る」という国の方針はうまく言っているとは言いがたく、現状でも子供を産んだ後復職しやすい職種と言うのはなかなかないものです。
女性が復職しやすい職種と言うものはどんなものなのでしょうか?

 

 

保育士

保育士

保育士に関わらず、幼稚園の教諭、学校の教師など、子供の教育に関する職種は子供を産休や育児休暇を取得した後も復職しやすい職種であると言えます。

 

子供専門の職場なので、子供が急に発熱したり、行事などで休まなくてはいけないときなどにも理解を得やすい職場であると言えるでしょう。

 

看護師

もともと求人が多い職種ですので、職を失う確立が低い職種であると言えます。
たとえ勤めている病院をやめざるを得ないような状況になったとしても、現在では訪問看護や老人ホームなど病院以外の職場も数多くあるので、様々な職場で働く事が出来ます。

 

公務員

福利厚生がしっかりしているので、産休や育休がとりやすく、また復職しやすい職種であると言えます。子育てに関する理解もされやすい職場が多くあります。

 

薬剤師

今は病院で処方された薬は処方箋を扱える薬局で購入する事が義務付けられています。
ドラッグストアや処方箋を取り扱う薬局が増えてきた為、薬剤師は求人の多い職種であると言えます。そのため、職を失う事もなく、復職しやすい職種であると言えます。

 

 

このように、いわゆる「手に職」をつけた職種は、産休や育休を取得した後も復職がしやすいと言えます。しかしどんな職場であっても、まず「子育てをしながら働く」という事に理解をしてもらう事が一番大事です。
理解を得る為にも、今後の自分の働き方を上司に相談し、それに伴う周囲への配慮を怠らないようにしましょう。