優れた女性管理職が居れば自然と職場全体のモチベーションが上がります

上層部に女性が必要な理由

女性は男性と比べてコミュニケーション能力が高いと言われています。

 

当然、個人差はありますが、その日の体調や気持ちを察する感覚は
女性の方がはるかに優れているでしょう。

 

今の時代、草食系や絶食系男子と言った言葉が流行り
出世や管理職に就くことにあまり前向きでは無い男性が増えています。
失敗することを恐れ、重い責任を負うのを避ける傾向が強いのです。

 

逆に考えれば、これは女性が出世し管理職になるチャンスだと言えます。

 

 

女性が管理職になるメリット、強いては上層部に女性が必要な理由を考えてみよう

上層部に居ると女性が働く環境が格段に良くなります

育児休暇や生理休暇と言った休みが取りやすくなりますし
女性管理職が居ることで女性社員の目標となりモチベーションを上げる効果も期待できます。

 

女性社員に活気が出れば、それに合わせて男性社員の意欲も向上していきます。
男性は年齢に関係なく、仕事ができる自分と言うものを女性に見てもらいたいものです。

 

注意が必要なのは、女性社員から憧れられる管理職でなくてはいけません。

 

女性同士では口調や態度が厳しくなり過ぎる傾向があり、
上司としてではなく人間として嫌われてしまうと問題が起こります。
周囲の空気を読む能力は男性よりも高いのですからアメとムチはバランス良く行いましょう。

 

上層部に女性が必要な理由は他にもあります。

女性目線や感性があると細かい部分に配慮でき、より多くのお客、ユーザーへアピールが可能になります。男性が気になる部分と女性が気になる部分は異なります。両方の視点で考えればその分、会社の発展にも繋がるでしょう。

 

働く男女の社会人の意見では、9割の人が女性管理職に賛成という意見もあります。
古い職場環境から脱却し新しい社風を求めている人はとても多いのです。

 

社会が、企業が、人が女性管理職に賛成している今、
会社の発展と職場の円滑なコミュニケーション、さらにはモチベーションの向上を掲げて
管理職へキャリアアップへチャレンジしてみましょう。