仕事を続けたい気持ちを尊重してもらい家族の協力を得られれば負担は激減します

家族の協力

子供ができた後にキャリアウーマンとしてバリバリ仕事を続けるためには
家族の協力と理解が必要不可欠だと断言できます。

 

子供ができると仕事を辞めて育児に専念して欲しいと夫や家族に言われるのがほとんどでしょう。

 

仕事してキャリアアップして、ずっとバリバリ仕事をしていたい、そんな気持ちを持っていても家族の反対があっては気持ちよく毎日を過ごせなくなってしまいます。

 

まずはしっかりと自分の気持ちや方向性を尊重してもらえるように家族と話合う必要があります。

 

ここで自分の人生だから、子供に時間を掛けられないと
否定的な言葉を並べてしまうと下手したら離婚問題に発展しかねません。
仕事と家庭を両立させるためにしっかりと妥協案を考えて相談するようにしましょう。

 

出産から1年は育休で会社を休む選択肢も時には有効になるかもしれません。
とは言え、仕事から1年離れるのは非常に大きなリスクになります。
子育てでストレスが溜まる中、家族からもストレスを受けるのは避けたいものです。

 

だからこそ、話し合い理解してもらうことが大切なのです。

 

家族の同意をもらえたら、不安も無く全力で仕事に取り組めるでしょう。
仕事もこなし家庭も大切にする、そんな生活も現実的になってきます。

 

家族の協力は何よりも強い武器になります。
機会を見つけては感謝の気持ちを伝えたり、ちょっとした贈り物をしてみると良いでしょう。
この先もずっと協力してくれるはずです。

 

 

そして、子供を二の次に考えるのは辞めましょう。

仕事は大切ですし職場に迷惑をかけられないのも至極当然のことです。
しかし子供をないがしろにした生活をしてしまうとそれは周囲からの評価も下げてしまいます

 

子供と遊ぶ

子供を大切にしないで仕事している、そういう評価をする人も周りに出てくるでしょう。
仕事に情熱を持っていると評価する人も居るはずですが
真逆の意見が2つ生まれると、そこには摩擦が生まれます。

 

子供を大切にするために家族の協力を得ればそれは自然と仕事の結果へと繋がるのです。