キャリアウーマンだからって幸せな家庭が築けないわけではありません。

キャリアウーマンとは

 

女性の長期賃金労働者のことです。
普通に働く女性と違うのはその仕事に専門性があり、年収が一定の金額を越えるかどうかという部分です。

 

一般的な事務職ではなく、法律であったり金融であったり
専門的な知識や技術が必要な仕事をして年収が高い女性がキャリアウーマンと呼ばれます。年収にこれと言った決まりはありませんが、約1千万以上と考えてください。

 

一昔前の職場では、書類のコピーや荷物の受け取りなどの雑務を女性が担当し
重要な仕事は任されない風潮がありました。
女性はすぐに結婚して退職して行ってしまう、そんな考えが蔓延していたのです。

 

男性に負けない仕事をしていても
女性だからという理由でキャリアアップをできずに平社員のままということも珍しくありません。

 

今では男女平等の元、女性の職場進出が盛んになってきており
女性が管理職に就くことも多くなってきました。
中には積極的に女性管理職を求めている企業もあります。

女性管理職が必要な理由

 

そんな働く女性の中のほんの一握りがキャリアウーマンと呼ばれるのです。

 

 

では、専門性のある仕事で年収があれば

誰もがキャリアウーマンと呼ばれるのでしょうか?

それは否です。

 

そもそもキャリアウーマンと評されるには
どんな条件が必要なのかまとめてみました。

 

何よりもまず仕事をバリバリこなせる実力が必要です。
専門職で年収があっても、それが親の七光りであったりコネで就いた役職で
本人の仕事能力が低ければキャリアウーマンとは呼ばれません。
的確な判断を行い周囲に指示を出せる女性が尊敬されるのです。

 

次に、男性と肩を並べられる負けん気を持っている性格かも重要です。
会議などで自らの意見を言い、提案した物事を実行するには強い心が無くてはいけません。
仕事の内容にダメ出しをされることもあるでしょう。
つらくてもそれを乗り越える負けん気がキャリアウーマンに無くてはならない要素です。
これは難しいところで、ただ単に我が強いだけでは人間関係に摩擦が生まれてしまいます。
相手に合わせて空気を読む感覚も持たなくてはいけません。

 

性格がきつ過ぎたり言動が厳しすぎてはいけません
お局様と呼ばれ孤立した状態になる可能性もあります。
特に女性の部下を持つ場合は注意が必要です。
多くの女性部下に嫌われてしまっては、管理職の業務に支障が出てしまいます。

 

他にも向上心があり、管理職へ就くことに前向きであったり
自分の職業にプライドを持っていることなども挙げられます。

 

ここまではキャリアウーマンの仕事振りについて注目しましたが
仕事だけ完璧にこなしていてもダメです。
世間一般でキャリアウーマンと呼ばれる人達はプライベートも充実しているのです。

 

休日はジムに通ったり高級店で女子会を行ったり、仕事とプライベートのメリハリを持っています。二度寝してゴロゴロする休日を過ごすのは稀な事でしょう。

 

 

さらに化粧やファッションセンス、身だしなみが女性として魅力的なことも
キャリアウーマンの必須条件です。

 

見た目にもこだわる方も多く、手軽に出来るプチ整形をしている方も多いようです。
しみやしわのアンチエイジング系や顔のプチ整形など様々なものがありますが、中でも人気なのは目のプチ整形のようです。

二重のプチ整形の詳細はこちら

 

仕事はバリバリできても、プライベートでの身だしなみが雑では
キャリアウーマンではなく働きマンに分類されます。
仕事ができる美しい女性がキャリアウーマンなのです。

 

このように仕事もプライベートも充実し、両立させている女性は自然と魅力的に映ります。

 

仕事の信頼感と女性としての魅力を持っていることが周囲の尊敬を集めるのです。

 

高収入や美しさ、仕事の信頼感やプライベートの充実などの輝かしいステータスが
すべて揃った一握りの女性にキャリアウーマンの名はふさわしいのでしょう。

 

女性の活躍できる場が広がり、社会に必要とされている今
羨望される女社長がどんどん増えていくかもしれません。

女性社長の割合

 

誰でもなれる簡単なものではありませんが目指すは価値はあります。
男性からも女性からも尊敬され、信頼され、頼られる
そんなキャリアウーマンを目指すのも素敵なことです。